2017年06月18日

自分や家族へ人生の締め括りに心を込めて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生の最後に向け、自分が亡くなった場合にどうするか、それらのことを生きている間に準備しておくのが終活です。身寄りのない方が、亡くなった後に入るお墓を自分で用意するほか、家族がいる場合でも、残された者に負担を掛けないようにするために、準備される場合が増えています。

また、人生の締め括りを整理することで、これからやるべきことや、課題なども把握できるようになりますから、漠然と抱いていた心配事なども洗い出され、気持ちが晴れやかになる、といった意味合いも持っています。家族に残す遺産がある場合は、生前にキチンとまとめておくことで、将来的な相続争いを防ぐことにもつながります。

その際は、保有している金融機関や証券口座などを書き連ねておくほか、不動産の権利証や登記識別情報通知書の保管場所なども書いておくと良いでしょう。また、お葬式の方法や予算など、希望がある場合はそれも書き残しておきますと、家族の負担を減らせます。

そして、自分の気持ちや人生も含め、家族に伝えたいことをエンディングノートとして書くことも、終活では大切な意味を持っています。自分の最期と正面から向き合って取り組みますから、終活を終えた多くの方は、以前より前向きに生きられるようになったなど、気持ちの整理できることも魅力です。