2017年06月21日

終活の一環で行っておきたい荷物の整理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が死んでしまった後で、残された家族がトラブルにならないように、家族に迷惑をかけないようにする終活が注目されています。終活には財産や相続に関する自分の希望を書類としてまとめておいたり、葬式はどのようにとり行ってほしいかを決めておくことが含まれます。またお墓を建てるのかあるいは永代供養を選ぶのかも決めておき、エンディングノートもまとめておくことをおすすめします。この中でも特にやっておきたいことが自分の荷物をあらかじめ整理しておくことです。

2017年06月20日

終活で自分らしい最期のときを迎える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数年で一気に「終活」とい言葉が一般にも広がってきましたよね。この言葉は、自分の人生をどのように終えるかを、自分自身で考え決めておくことを意味しています。葬儀や、お墓、病気になったときの延命措置など、以前なら家族や周りの人が決めるであろう事柄を自らの意思であらかじめ決めておきます。これらをしっかりエンディングノートとして形に残し、家族へ伝えます。とくに、葬儀やお墓に関しては多くの方が生前から知識を増やすようになってきました。

2017年06月18日

自分や家族へ人生の締め括りに心を込めて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生の最後に向け、自分が亡くなった場合にどうするか、それらのことを生きている間に準備しておくのが終活です。身寄りのない方が、亡くなった後に入るお墓を自分で用意するほか、家族がいる場合でも、残された者に負担を掛けないようにするために、準備される場合が増えています。また、人生の締め括りを整理することで、これからやるべきことや、課題なども把握できるようになりますから、漠然と抱いていた心配事なども洗い出され、気持ちが晴れやかになる、といった意味合いも持っています。

2017年06月12日

明るく前向きに死を考える方法に関して

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ番組ではしばしば、葬儀・告別式に関する特集が放送されています。中でも視聴者の関心が高いのが、終活ではないでしょうか。死を考えると悲しくなりますが、明るく前向きに死を考えることで、葬儀・告別式での後悔は少なくなるはずです。葬儀社のサービスは広がりを見せていて、多くの方が興味を抱いているようです。とりわけ興味が深まっているのが、葬儀に使用する遺影ではないでしょうか。急に死が訪れてしまうと、残された家族は遺影の選定に頭を悩ませてしまいます。

2017年06月10日

ある程度の年齢になったらお金の準備をしておくべき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は超高齢社会に突入しており、長生きするのが当たり前の時代になっています。ただ、いつかは終わりを迎えることになる点はしっかり認識しておいてください。大きな病気をしてしまったり、亡くなった後の葬儀などにかなりのお金が必要になるので、50代や60代くらいになったら、終活の一つとしてお金の準備をしておくことをおすすめします。終活はテレビ番組や雑誌などでよく取り上げられているので、知っている方が多いと思われます。

2017年06月09日

エンディングノートなどを作ることができます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近よくきく言葉で終活というのがありますが、これの意味としては、人生の終わりのための活動となります。そのために今までの人生を振り返ることや、どのような生き方をしてきたのか、どのような人間で終わりを迎えるのかを深く考える人が多くなりました。もちろん、準備ができるということでは幸せなことになりますし、急に亡くなる人もいる中で考えることができるのは意味があります。家族を持っている人では、財産相続の問題や遺言書作成をしなくてはいけない人もいますし、お金の問題は家族に残すことなくはっきりとしていくことです。