2018年04月30日

斎場を選ぶときは空き状況チェックしてから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

斎場を選ぼうとしている人は、とにかく空き状況を必ずチェックしてから動くようにしておきましょう。せっかく遺族の方が集まって話し合いをしたにもかかわらず、いざと言う時にご遺体が行く場所がなくなってしまうようでは話にならないはずです。

なので、臨終を迎える前に、とにかく親族の人たちが動き、空き状況を前もって確認しておいた方が無難だといえます。最近は、優秀な葬儀業者が増えてきたので、お葬式を執り行う場所を探すこと自体は、そんなに難しくないと言えるでしょう。

それよりも、こちらの予算内でやってもらえるような場所がどこになるのか、それを探す方が大変だといえます。場所自体は山ほどあるので、いろいろと比較して、1番コストパフォーマンス的によさげなところを選ぶのが妥当です。

絶対にこちらの予算がオーバーするようなところを無理に選んだりしないことが、肝心だと言えるでしょう。亡くなられた本人にちなんだものを備えており、後は好きだったお花などを備えることができれば充分です。そこに加えて、生前に親しかった人たちが参列してくれれば、それは言うまでもないことと言えるでしょう。予約を早めに入れておかなければ難しいことが多いので、病死の場合は専門医が余命宣告を出したタイミングで、早めに動くのが基本です。